歯が少ない高齢者、引きこもりリスク増 東北大など調査

健康・予防

  • 1,014
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2016.07.05 UPDATE

歯が少なく、入れ歯を使わない高齢者ほど引きこもり状態になるリスクが高いとの調査結果を東北大などの研究チームが28日発表した。歯の健康状態が悪いと、人との会話や食事をためらいがちになり、外出機会が減ってしまう可能性があるという。

記事全文を読む

1463400580b82d567289a5f6abc7c82c40d7f48b38

松山祐輔

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 国際健康推進医学分野 歯科医師 博士(歯学)

歯や口の状態は、噛む力などの機能面だけでなく、見た目など社会的な面にも影響します。実際に、食事の時は入れ歯をしないが、人と会う時は入れ歯が欠かせないという人もいるほどです。楽しく生活するためにも、口の健康は欠かせませんね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です