市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆

病気・医療

  • 397
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2019.05.30 UPDATE

 白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという。白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

造血幹細胞の培養に関する記事です。AMEDプレスリリースはこちら→https://www.amed.go.jp/news/release_20190530.html

この記事のとてもよかった点は、ちゃんと論文へのリンクが張ってあるところです。同じ内容の記事でも、朝日新聞デジタル経由で行くと有料で途中までしか見られず、アピタル経由だと前文見られるのはちょっと謎ですが、ともかくこういった原典リンクが広がるとよいですね。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です