薬をとるか?母乳をとるか?パニック障害の女性が育児中にぶつかった大きな壁とは

出産・育児

  • 109
  • 0
  • 0

favicons?domain=limo LIMO 2019.07.30 UPDATE

1564384798DQm0DadFwt

パニック障害という病気を20年抱え続けながら、出産を経験し、今も育児真っ最中である作者のしらたまママさん。 常に他人に分かるような症状が出ていないことも多いことや、パニック障害という病気についての正しい知識を持っている方も多くはないために、職場や日常生活などで理解されないことも多く、そのことで苦しんでいる方もおられるという現状があります。そして、しらたまママさんもそんな一人。 第6話の今回は薬と授乳の問題について語ります。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

授乳と薬のことが書かれた記事です。
産後間もなくの神経質になっているところに、薬と授乳の悩みはつらいものですね。
観察研究によれば多くの薬物について授乳婦が服用しても児への影響はほとんどない(妊娠と授乳、南山堂)とされていますが、投与すべきではない、慎重に投与すべきであると結論されている薬もあります。
その中にパニック障害の治療にも使われることのあるSSRIがあります。SSRIは児への大きな悪影響は見込まれないとされていますが「慎重投与」と結論されています。慎重投与…解釈の難しい言葉ですよね。
一方、薬の添付文書の多くには服用中は授乳を避けること、などと記載されており、これに医療者も患者も悩まされています。知識の浅い薬剤師からこの添付文書を見せられて医師は授乳してよいといったのに、怖くなって母乳をあきらめる患者さんもいます(薬剤師、もっと勉強しよう!ごめんなさい…)母乳育児のメリットは多くあります。起こりえるリスクを理解したうえで、慎重に服用しながら授乳を続けることのできる薬も多くあります。国立成育医療センターなどの専門機関へのコンサルトを考慮することもよいのではないでしょうか。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です