京アニ社員「作品の質、落とさない」 喪失感抱え制作没頭

メンタル

  • 248
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.nikkei 日本経済新聞 2019.08.09 UPDATE

1565371072FNkxG97JOb

放火殺人事件で35人が死亡した京都アニメーションでは、今もスタッフが制作活動を続けている。事件は8日で発生から3週間。事件当日、現場となった京都市伏見区の第1スタジオから脱出した男性社員(52)は、腕に負った打撲が治らないうちから職場に復帰。喪失感を抱えながらも「クオリティーが落ちたと思われないように頑張ろう」と仕事に没頭している。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

京都アニメーションの事件で、被害にあいながらもすでに復帰するスタッフについて書かれている記事です。

 以前も京都アニメーションの事件についての記事で言及していますが(http://healthnudge.jp/12497)、東日本大震災で被災した身としては、被害の質などが異なるものの、どうしても心配になってしまいます。

 何かに没頭していないと気が紛れないというのは、確かにその通りで、私自身、震災が起きてからしばらくそのような状態でした。休めと言われても職場の様子や被害の様子が気になってしまって落ち着かない状態で、また「こんな時こそ頑張らねば」といわゆる「震災ハイ」という状態が続いていたように思います。

 しかし、その後私も共著として出版した論文では、公務員を対象とした震災後14ヶ月の時点での調査で、休みの欠如がうつ症状やPTSD症状と関連していることが報告されています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25879546)。

 気持ちはとてもわかるのですが、適度な休息をとりつつ、お仕事をしていただければと思いますし、亡くなった方だけではなくこうして職場復帰したものの被害にあわれた方にもカウンセリングやケアなど、専門家の適切な支援が行き届くよう願ってやみません。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です