むしろ安心?診察中に薬辞典を開く医者は信用できるのか

病気・医療

  • 215
  • 2
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2019.11.11 UPDATE

15734477168aMk5ZwvP3

山崎豊子の小説「白い巨塔」で描かれた医学界のピラミッド構造と権力争いは、令和の時代になった今でも繰り広げられている。そんな中、どの「医局」にも属さない中山さんは、ある時は院長の急逝で存続の危機にあった福島原発近くの病院で働くなど、自分の職場は自分で決めてきた。フリーランスの立場だからこそ本音も言える。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

私も診療所で患者さんを診ることがありますが、診療中、薬のことを調べることがあります。最近は新薬が出てくるスピードも早く、同じ有効成分でもジェネリック薬がどんどん出て、名前と成分が一致しないことが増えていると思います。患者さんが持ってきてくれた内服中のジェネリック薬を調べることなど頻回にあります。この記事によれば「良い医者」ということで、安心しました。

不確かなことで患者さんに間違えた処方をしては良くないので、しっかり調べた方がいいですからね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です