なぜ効果の検証されていないヒドロキシクロロキンがトランプの抗コロナウィルス「奇跡の薬」となったか

病気・医療

  • 540
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.theguardian ガーディアン(The Guardian) 2020.04.10 UPDATE

1586445108H5kqNbkoVK

なぜ効果の検証されていないヒドロキシクロロキンがトランプの抗コロナウィルス「奇跡の薬」となったか (Hydroxychloroquine: how an unproven drug became Trump’s coronavirus 'miracle cure' )

記事全文を読む

1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec

日吉 綾子

スウェーデン・オレブロ大学 医学部 准教授

ガーディアンで紹介されていたニュースです。アメリカでトランプ寄りとされているFoxニュースが、抗マラリア剤ヒドロキシクロロキンがCovid-19に効果があるとしたフランスの研究を紹介しました。瞬く間にトランプ大統領がCovid‐19に対する治療薬として強く勧めるに至ったが、感染症専門医らは根拠がないと必死に訴えている、との記事です。その元の臨床試験がどのようなものだったかとみてみました。

論文のタイトルに無作為化もしておらず二重盲検(Double-Blinded)でもないと表記してある点は正直な印象を受けました。これらの手続きは、試験結果が薬の効果以外の理由、例えば被検者の特性がグループ毎に偏っていたり、研究者がグループ毎に扱いを変えてしまったりすることで結果が無意味にならないようにするために必要な手続きです。

内容を見ると、ヒドロキシクロロキンを摂取したグループ9名、そうでないグループ(コントロール)6名とかなり小さく、グループ毎に病院も違い、平均年齢も51歳と37歳と大違いです。研究者は統計上有意差が無いということで良しとしたのかもしれませんが、統計検査はサンプルの数にも影響を受けますので、もう少し人数が多ければ有意であった可能性は高いと思います。
これら基本的な手法を取り入れていないことから、結果の信頼性はかなり低くなりますが、論文の結論はヒドロキシクロロキンによってCovid‐19のウィルス量が軽減・消失したと言い切っています。誤解の無いよう、信頼性の低さに言及するべきでした。

一刻も早く結果を、と願うのは研究者も研究の消費者も同じです。しかし、やはり信頼性を担保する最大限の努力と、結果だけでなくその結果の信頼性もきちんとわかりやすく伝える努力が必要なのだと、研究者の一員として感じました。

フランスの研究論文:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0924857920300996#bib0012 

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です