スウェーデンの市で公園に訪れる客を抑制するため鶏糞を散布(Swedish city to dump tonne of chicken manure in park to deter visitors)

健康・予防

  • 429
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.theguardian ガーディアン(The Guardian) 2020.04.30 UPDATE

ルンド市議会は悪臭により市民の足がヴァルプルギスのお祭りから遠のくことを期待 (Lund council hoping ‘stink’ keeps people away on Walpurgis Night)

記事全文を読む

1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec

日吉 綾子

スウェーデン・オレブロ大学 医学部 准教授

4月30日はスウェーデンでは大事な祭日で、例年であれば大きなかがり火を焚いて歌を歌ったりして、冬の終わりを祝います。ルンドという市の中心部の公園には毎年3万人程度の人出が見込まれており、今年も人出が懸念されていました。スウェーデンはヨーロッパの中では例外的に、強制的な行動制限ではなく、個人の責任に委ねる選択をしています。コロナ感染拡大の心配があっても、行政に強制力はありません。
そこで、今年は公園に1トンの鶏糞を撒いてお客を減らす方針だそうです。

つい今朝ほどはスペインの海岸でコロナのウイルス軽減の為に漂白剤を撒いたことで、生態系への影響も懸念されるとのニュースを見ました。(こちらです:https://www.theguardian.com/world/2020/apr/28/spanish-official-apologises-for-spraying-beach-with-bleach-coronavirus

しばらく近隣も臭いかもしれないけど、ついでに公園の芝生の肥料になるということで、鶏糞はおおむね歓迎されているようです。私は環境のことは専門外ですが、自然に優しい手法は好ましく感じました。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です