有名人の「自殺報道」でやってはいけないこと、やるべきこと。専門家がメディアに要請

メンタル

  • 439
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.buzzfeed BuzzFeed Japan 2020.07.20 UPDATE

1595216524cy8VQtChZ8

自殺対策の専門家は「有名人の自殺に関する報道は、子どもや若者の自殺を誘引する危険性があるため、WHOのガイドラインに従って報道するよう呼びかけている。 Netflixの人気リアリティ番組「テラスハウス」出演者で、5月23日に亡くなった女子プロレスラーの木村花さん(22)の死をめぐり、様々な報道が続いている。 自殺対策の専門家は「有名人の自殺に関する報道は、子どもや若者の自殺を誘引する危険性があるため、慎重に行う必要がある」と呼びかけている。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

俳優の三浦春馬さんが亡くなった件についての報道がたくさん出ていますが、今回取り上げた記事は5月に亡くなった木村花さんに関するものです。

記事に出てくるWHOのガイドラインは日本語版としては2008年と2017年があるようで、つい最近できたばかりではないのですが、どの程度報道に生かされているのでしょうね。もちろん知る権利も報道の自由も大事ですが、センセーショナリズムや報道の負の側面も考えながら記事にしていただけたらと思います。

またガイドラインが「報道がやるべきこと」として挙げている中に、「どこに支援を求めるかについて正しい情報を提供すること」とあり、BuzzFeedの記事の最後には全国の相談先窓口リストなどが書いてあるのですが、転載しているYahoo!ニュースではなぜか省かれているのが残念です。

僕にとっては三浦さんというと、ヘルスナッジでも取り上げた、大泉洋さん、高畑充希さんと出演していた映画のイメージが強く、DVDも最近買っていたのですが、残念です。
映画『こんな夜更けにバナナかよ』で、パラリンピックの本質を考える。
http://healthnudge.jp/12394
「障害者の生きる意味」を問う声に、僕の答えを示したい…映画「こんな夜更けにバナナかよ」原作者の渡辺一史さんが新著(上)
http://healthnudge.jp/12413

なお、僕はただの内科医で、メンタルヘルスも自殺も全く専門家ではありませんが、ヘルスナッジでは他の専門家がいろいろ記事を書いているのでそちらもどうぞ。
世界最悪レベルの「日本の若者の自殺率」をめぐって本田圭佑のツイッターが炎上!
http://healthnudge.jp/11947

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です