心臓・血管の専門医が解説 夏の正しい「塩分」の取り方

食事

  • 181
  • 1
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2020.09.03 UPDATE

1599110442fFqlHaFKDi

猛暑が続いている。「熱中症につながる脱水症状を予防するには、塩分を多めに摂取した方がいい」といわれるが本当だろうか。とくに日頃、塩分を控えるように言われている高血圧などの持病を抱えている人には、悩ましい問題だ。注意すべきポイントを公益財団法人「心臓血管研究所」(東京都港区)の山下武志所長に聞いた。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

まだまだ暑く、熱中症が心配な時期が続いていますが、熱中症の「予防」のために食塩を余分に摂取する必要はありません。
汗をだらだらかいていたとしても、特に熱中症の症状が出ていなければ、失われた食塩量は1日3回の食事で十分補給できていますので、追加の摂取は不要です。

けれども、熱中症の症状が現れている場合には、「予防」の考え方ではなく「治療」の考え方になりますから、早めに食塩0.2%程度を含んだ水を摂取しましょう。

熱中症の「予防」の場合は、食塩の追加補給は不要、と覚えていてください。

※このお話は、月刊誌「栄養と料理」のコラム「佐々木敏がズバリ読む栄養データ」の2019年8月号に、「熱中症診療ガイドライン2015」を引用する形で詳しく説明されています。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です