【トルコ発】「ふくよかなヒップ」「恰幅のいい腹」が王座陥落?:世界の健康 早耳ダイジェスト

健康・予防

  • 1,286
  • 5
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.04.06 UPDATE

1427954463LNAuECdIUN

(2015年1月28日日経Gooday(グッデイ)より)十数年前には「国家破産寸前」とまでいわれた状態から、今やG20の一角を担うまでに経済成長を遂げたトルコ。この急激な経済発展は、同時にイスタンブールやアンカラといった都市生活者を運動不足に導いたとされる。こうした中、政府をはじめとする行政が牽引する形で、心臓病、高血圧、糖尿病などの生活習慣病予防に運動が重要であるとの健康啓蒙が国民に向けて行われてきた。2023年の建国100年に向けた目標の一つに「スポーツ大国」を掲げるトルコでは、有料・無料のスポーツサロンが急激に増加し、国民の運動習慣に対する注目度が高まりつつある。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

この記事で紹介されている公園などの屋外に設置されている運動器具は日本にもありますが、「どこにでもある」というレベルではありませんね。歩道の整備などを含めた環境面での充実が、国全体の健康レベルの引き上げにつながります。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です