アルツハイマー病の人や家族の半数以上が、病気の診断を医師から知らされていない

病気・医療

  • 1,358
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.04.30 UPDATE

1430213801hwwcc6Pr9z

(2015年4月28日 Medエッジより) 医師からアルツハイマー病の診断を聞かされているのは、アルツハイマー病の人や家族、その他の介護者の45%でしかない。診断を聞かされるのは病気が進行した後になる傾向がある。

記事全文を読む

14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394

長谷田 真帆

東京大学大学院 医学系研究科 社会医学専攻 健康教育・社会学分野 博士課程 医師 家庭医療専門医・在宅認定専門医

アルツハイマー型認知症の方は、特に診察室では何でもない風を装う「取り繕い」をされるので、診察室での短時間での会話では気が付かれないこともありますね。ご自宅で気になる様子が出てきた場合には、地域包括支援センターやかかりつけ医を訪れて相談してみましょう。ご家族からの情報がきっかけになって、診断に至る場合もあります(逆に、ご自宅の状況が見えなくて医療機関で対応に困る場合もあります)。
さて、記事中の介護費用についての記載で「言ってみれば、それだけの金額が国に寄付されたようなものだ。」という一文がありますが、これはどういう意味でしょう?この金額を、すべて国が負担すべき、という筆者のご意見なのでしょうか?果たしてそうでしょうか?元記事にはそのような記載はありませんが…

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です