溶連菌感染症(溶連菌による咽頭炎、扁桃炎)の病院での検査

病気・医療

  • 2,202
  • 4
  • 1

favicons?domain=www.skincare-univ ヘルスケア大学 2015.11.17 UPDATE

1447727323kgpn36x8pb

(ヘルスケア大学より) 診察で溶連菌感染が疑われた場合、溶連菌に感染しているかどうかを検査で確認する方法は、主に2種類あります。それぞれの具体的な検査方法と特徴、メリット、デメリットについて、ドクター監修の記事でお伝えします。

記事全文を読む

14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394

長谷田 真帆

東京大学大学院 医学系研究科 社会医学専攻 健康教育・社会学分野 博士課程 医師 家庭医療専門医・在宅認定専門医

溶連菌感染症が疑われた時の検査について、詳しく解説してありますね。培養検査はその場では結果が出ないので、次の受診の際に結果を聞くことになります(なお抗生物質を飲んだ後やウイルスなど他の病気だった場合など、菌が生えない時もあります)。

これからの季節、インフルエンザだと思っていたら溶連菌感染症だった…ということもしばしばあります。インフルエンザの迅速検査と同時に検査を勧められる場合もありますので、検査の特徴について知っておくと安心ですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です