一緒に受ければ怖くない!いい夫婦の日に「人間ドックペア受診」を

健康・予防

  • 1,361
  • 4
  • 0

favicons?domain=nikkancareism nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム) 2015.11.23 UPDATE

1447856918asfXCUpbZz

(2015年11月18日 nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)より) “人間ドック”を受けたことはありますか? 健康診断や人間ドックは、面倒だと思う人が多いかもしれません。しかし、できるだけ長く元気に過ごしたいと考えるなら、体の状態を定期的にチェックしておくことは重要です。症状の軽いうちに不調や病気を見つけることができれば、最小限の負担で改善することもできます。 どうしても診断を受けに行く気力が湧いてこない場合は、11月22日「いい夫婦の日」をきっかけに、夫婦で“ペア受診”について検討するのもおすすめ。 パートナーの健康状態を知ってお互いの健康について考え合う、とても良い機会になりますよ。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

確かに一緒に受ければ、不安は減るでしょうけど、問題はその受ける内容ですねぇ。

多くの「けんしん」と呼ばれている行為には、エビデンス(行ったほうがいいという根拠)があやしいものが多いです。

代表的なものは、いわゆる脳ドッグやPET検診ですね。

これらは自分の家族や親しい人には、受けないことを強く進めています。

効果が明らかではない一方で、受けたことにより、「何か」が見つかり、精査・心配が増えます。

そういうことに使うお金と時間があるなら、親しい人と温泉にでも行っておいしいものを食べてリラックスする方が良さそうですけどね。

少なくともそっちの方が楽しいと私は思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です