辛い運動なし!飲み会続きで緩んだ体を引き締めるコツ3つ

リフレッシュ

  • 1,112
  • 8
  • 1

favicons?domain=nikkancareism nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム) 2015.12.01 UPDATE

1448879888x83FMhOuBq

(2015年11月29日 nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)より) 飲み会やパーティーが続く季節になってきました。仕事も忙しくなる時期ですから、ぽっこりお腹を引き締めたいと思っても、対策する時間がないという方が多いのではないでしょうか。 そんな場合は、スキマ時間のちょっとしたストレッチや食事の管理、仕事中の姿勢を工夫するなどがおすすめ。代謝を高め、エネルギーを消費しやすい体質へと変えていきましょう。 今回は、ダイエットアドバイザーの筆者が、冬の緩んだ体型を引き締める生活のコツを3つご紹介します。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

忘年会の季節に突入しました。わたしも本日、一つ目の忘年会です。単発の飲みすぎ・食べすぎは3日もあれば十分取り戻せるのですが、連日となると体重が増えてきてしまいますよね。この記事で紹介されている「コツ」は3つ。
・食事で体内を温めて代謝UP!
・朝の伸びやスクワットで代謝UP!
・仕事中に姿勢を正して代謝UP!
なぜこうも「代謝UP!」が並ぶのか?あまりにも代謝に依存しすぎな気がします。代謝はそう簡単に「UP!」しないんですけどね・・・。それはさておき、いずれもエビデンス(科学的証拠)レベルは低いですが、やって害のあるものはなさそうです。何もしないよりは良いことが期待できますので、できそうなものがあれば取り入れてください。

ちなみに、わたしが最近、気をつけていることは、「不活動な日をなくすこと」です。「不活動」とは「活動的でない」ということです。例えば、毎日の歩数をチェックしてみると、動く日は2万歩を超えますが、動かない日は3000歩にも届きません。このような動かない日をなくすために工夫をしています。具体的には、日中の歩数が少なかった日は、夜にジョギングをして歩数を稼ぎます。今日のように夜に忘年会などの予定が入っているときは、朝にジョギングをして歩数を稼いでおきます。食事も気をつけていないと体重増加は抑えられませんが、日々の活動量を意識するかどうかで、長期的な体重管理はずいぶんと楽になると思います。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1445244289fa3c01795c9b8fbdcaa3c61e8f8a7c67
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です