みかんをよく食べる人は、糖尿病の発症リスクが低い!?

病気・医療

  • 2,728
  • 3
  • 0

favicons?domain=hakuraidou HAKUR|健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・恋愛 2016.03.28 UPDATE

1458910387gp92kwe2Io

農研機構果樹研究所と浜松医科大などのチームによれば、ミカンに含まれる色素「βクリプトキサンチン」の血中濃度の高い人は、糖尿病や非アルコール性肝機能異常症、脂質代謝異常症の発症リスクが低いことがわかったそうです。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

「毎日3、4個食べるレベルの血中濃度の人は、毎日は食べないレベルの人と比べて、糖尿病の発症リスクが57%低かった。非アルコール性肝機能異常症は49%、脂質代謝異常症も33%低かった。」

そんなにたくさん年中食べるのはかなり大変だと思うけどなぁ。

それと、注意すべきは、農研機構果樹研究所や浜松医科大は、基本的には、みかんが健康に良い結果しかだなさいと思います。

これは「利益相反」と言って、多くの場合は、製薬会社などとの関係で言及されるものです。

https://square.umin.ac.jp/endocrine/hottopics/coi-index.html

ですが、農研機構果樹研究所や浜松医科大が、地元の1大産業である、みかん、について研究をするときは、十分に考慮されるべきことでしょう。

この記事を読んでも、私は別に、毎日4個ミカンを食べようとは思いません。

ただし、誤解の無いように明記しますが、私はミカンは好きです。

ミカンは、健康のためではなく、食べたいときに食べたいだけ食べて楽しみたいです。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 14693312506B0DSTOjyi

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です